« 自作の詰将棋(その4)です。 | トップページ | 生存権(憲法25条) »

自作の詰将棋(その5)です。

Photo_7

この詰将棋を解いた人はコメントください☆

ところで、このアルバム↓には懐かしい曲がいっぱい入ってますね♪

B-SIDE Music B-SIDE

アーティスト:Mr.Children
販売元:トイズファクトリー
発売日:2007/05/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 自作の詰将棋(その4)です。 | トップページ | 生存権(憲法25条) »

将棋」カテゴリの記事

詰将棋」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、銀と申します。
あまり盤面の駒は増やしたくないでしょうが、21に桂馬を置けば実戦形で余詰めを消していると思います。
私もそろそろ創作を復活しようかな。(^^;

投稿: 銀 | 2007年5月18日 (金) 13時44分

なるほど☆
貴重なアドヴァイスありがとうございます!
創作されたら銀さんの作品も見せてくださいね。

投稿: シャンプー | 2007年5月18日 (金) 13時58分

作意はじか打ちの連発が面白い作品でしたが、銀さんが指摘しているみたいですが、初手13角や33飛の余詰ありです。
 銀さんの案も良いですね。私も考えました、15歩と25歩を省いて玉方24銀を置く。作意不変ですが、紛れが銀さんの案より減るので、どうでしょうか?

投稿: 利波偉 | 2007年5月19日 (土) 14時49分

利波偉さんはじめまして!
詰将棋(その1~5)にコメントいただきまして、ありがとうございます♪
どうやら詰将棋に多数の不備があったみたいですね^^;
再検討してみますので、検討が終わるまで私からのコメントはしばらくお待ちください!

投稿: シャンプー | 2007年5月20日 (日) 23時32分

みなさんのおかげで余詰の意味がやっとわかりました!
実は、持ち駒をあまらせて詰むことを余詰と言うのだと思っていました・・・

投稿: シャンプー | 2007年5月21日 (月) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90189/6450990

この記事へのトラックバック一覧です: 自作の詰将棋(その5)です。:

« 自作の詰将棋(その4)です。 | トップページ | 生存権(憲法25条) »