« 芦屋競艇【G1】準優勝戦予想! | トップページ | 自作の詰将棋(その5)です。 »

自作の詰将棋(その4)です。

Photo_6

この詰将棋を解いた人はコメントください☆

ところで、将棋の駒って丁寧に作られていますよね!

この↓本で駒についてかなり詳しくなった気がします♪

カラー版 将棋駒の世界 Book カラー版 将棋駒の世界

著者:増山 雅人
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 芦屋競艇【G1】準優勝戦予想! | トップページ | 自作の詰将棋(その5)です。 »

将棋」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

詰将棋」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

初手18角が作意でしょうが、初手から色々余詰ありです。46龍や25銀や63角でも詰んでいます。複雑ですが、例えば46龍27玉26龍38玉16角48玉49銀59玉56龍まで変化はありますが詰んでいます。
 作意は上に追い上げて角で詰ますカッコ良い手順でしたが、残念でした。
 修正は攻方が強力で難しそうですが、攻方:17歩35角44龍・玉方:25と36玉59と・持駒角銀歩で作意変わらずで、どうでしょうか?

投稿: 利波偉 | 2007年5月19日 (土) 14時33分

たしかに、いろいろありますね^^;
作っていると、自分の勝手に希望する手しか見えなくなってしまいます・・・
しかし、利波偉さんはよくいろいろな手が見えますねぇ~!!

投稿: シャンプー | 2007年5月21日 (月) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90189/6441426

この記事へのトラックバック一覧です: 自作の詰将棋(その4)です。:

« 芦屋競艇【G1】準優勝戦予想! | トップページ | 自作の詰将棋(その5)です。 »